すみれTeam <手術室>

すみれの花言葉は、謙虚で誠実です。

手術を受けて、治りたいという患者さんの希望にお応えするために、どんな状況にあっても、誠実・丁寧に関わってまいります。

スタッフ全員、技術力、観察力強化に日々努力しております。

手術室のご案内

手術室はどんなところ?

骨盤臓器内疾患の専門病院というコンセプトから、消化器外科、肛門科、泌尿器科、婦人科の手術を行なっています。

グループ病院全体として大腸内視鏡検査数が全国トップクラスで、胃癌、大腸癌の発見数が多いため手術に対応しています。消化器外科・泌尿器科・婦人科は腹腔鏡、内視鏡手術が多くを占めます。

大腸肛門科の手術件数は全国でトップクラスです。一口に痔の手術と言っても、多種多様の術式に対応しており、学びも奥深いものがあります。

また、骨盤臓器脱疾患という、一般的にあまり知られていない疾患の専門治療病院として最新の手術方法を取り入れています。骨盤臓器脱だけでなく、骨盤臓器は密接な位置関係にある為、肛門科、泌尿器科、婦人科と連携し共同で手術を行なうことも、珍しくありません。

手術室の好きなところ、素敵なところはどんなところ?

手術操作を直接介助する機会が多い為、特殊技術を修得できることはもちろんですが、直接見ることで解剖生理をしっかり学ぶことができます。

医師と共に治療に参加することで、高い達成感を感じることができます。器械出し看護師は自分の介助次第で、手術時間の短縮が可能になりますし、外回り看護師は患者さんの全身状態の管理観察により、術後の合併症予防をはかることができます。

また、全身麻酔下で手術予定の患者さんに対して術前訪問を実施し、手術に対する不安に少しでも寄り添えるよう関わっています。

病棟ナースのように「ありがとう」と言ってもらえる機会は少ないのですが、「縁の下の力持ち」の大切さを実感し誇りにしております。

スタッフみんな仲良く助け合い、明るく元気に仕事をしています。

就職を考えているナースにむけて

手術は日進月歩で進化していきます。プリセプターシップにより、その方のペースに合わせた指導を行なっています。

手術室と聞くとちょっと怖い?構えてしまう方も多いと思います。しかし、やりがいのある仕事です。

手術室の経験のある方はもちろん、手術室興味を持っていらっしゃる方、ぜひお待ちしています。